R&Dセンター 復帰
フォントサイズ:  

技術革新は確成シリコンケミカル株式会社が事業を設立当初から確立した価値観であり、確成シリコンケミカル株式会社がグリーン、持続可能な発展を提唱する原動力である。国家重点ハイテク企業として、確成シリコンケミカル株式会社の「技術革新」は企業のR&D能力から発想されている。確成シリコンケミカル株式会社は既存のR&Dセンターを統合して、世界中にも有名な専門家を招聘して同社のチーフサイエンティストとし、年間売上高の3%を研究と技術革新に使用する、1期目が3000万元を投資して「確成シリコンケミカル株式会社無錫新材料技術研究院」を設立し、実践の経験が豊富な外国人専門家でそれぞれ院長と応用開発の責任者を担当している。新材料技術研究院にはプロセス設備、省エネと環境保全、新製品開発という3つの研究室と物理、化学、中央試験という3つの実験室を持っている。


 

確成シリコンケミカル株式会社が材料科学、無機化学合成、流体と表面管理、ハイスループット実験計画及びプロセス技術の面で絶えずに専門家の予備を増やし、確成シリコンケミカル株式会社のR&Dチームに世界性、多様性と柔軟性を持たせ、顧客へ最適な技術サポートを提供することによって、業界のプロセス性能レベルを向上させ、画期的な新製品の作り出しを図る。

 

確成シリコンケミカル株式会社がいくつかの主要な顧客と共同に次世代のシリカ製品を研究、開発し、顧客の需要に従って、方向性のある新製品を開発することによって、Win-Winの協力目的を達成する。



l 確成シリコンケミカル株式会社の物理実験室:

 

 

 

l 確成シリコンケミカル株式会社の化学実験室: