コーポレートガバナンス 復帰
フォントサイズ:  

    確成(株)は前からコーポレートガバナンスが現代化企業制度の確立に重要な役割を果たしていると認識しており、「会社法」等の法律、行政法規、部門規則の要求に従って、確成(株)が徐々に現実的なコーポ―レートガバナンス体制を構築し、会社の運営を標準化した。株主大会、取締役会、監査役会がそれぞれその職責によって意思決定権、執行権と監督権を行使しする。取締役会が会計監査、報酬と評価、指名、戦略という4つの専門委員会を確立し、取締役会の効率性を向上させた。
        確成(株)は引き続きコーポレートガバナンス、体制構築及び運営の補足と改善を行い、そのために弛まぬ努力をする見込みである。